さだぱん。

国内産小麦粉・ 有機野菜・無農薬・減農薬野菜のぱん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぱんについて

大変、蒸し暑いです。
こんな、梅雨の時期は、ぱん生地もしんどがります。(=お疲れになります)
いくら、湿度が好きといっても、この季節は、ぱん生地の水分量は調節しなければ、いけません。

今、部屋の中でも新聞紙も服も、しっとり、湿度を帯びている状態になっていませんか?
だから、粉も湿気を吸います。

お教室に来られてる方は、説明していますが、
ぱんの配合は、基本的には、粉100%に対して、例えば、水65% 塩2% イースト1%と ベーカーズパーセントになってます。
水分量が、65%の配合なら、60%くらいにして、生地の硬さを見ながら、水分を足すくらいにしないと、一気に入れると、ゆるい、閉まりのない生地になりかねません。

また、輸入小麦に比べて、たんぱく質が少ない、国産小麦粉は特に、梅雨から夏場にかけて、生地がゆるみがち、生地がだれるともいいますが。
水加減はもちろん、捏ねすぎないようにして、1次発酵中に、パンチをうまく入れるなど、生地を強めたほうが、うまく出来上がります。
(たんぱく質を多くして、扱いやすい国産小麦粉もありますが)

ぱん作りのお好きな方、ご参考に。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。